読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレンタインなんかクソ野郎


2月14日はバレンタイン。

バレンタインなんかは、学生のイベントごとで、
少女漫画とかにドキドキ感を演出する、必ず入れるシチュエーションのひとつでだったりする。


現実には、バレンタインなんかしょっぱく、
チョコなんか貰える人は、全世界の人口の2割くらいだろう。


また、バレンタインは、極東の島国のくだらないイベント。
と言われるくらいマイナーで、流行っているのは、日本くらいなものだ。

いや、まあ、アジアでもそこそこ流行って入るが、
結局のところ、一番、騒いでいるのは日本だ。

バレンタインは結局はチョコレート会社の商業イベント

日本でバレンタインが生まれたのは1970年後半と言われ、
それまでは、女性が男性に親愛の情をチョコに込めて渡すなんていうクソイベントはなかった。
大田区の製菓会社が作ったらしい。


いわゆる、チョコ会社が儲けるためのイベント。
というのが本当のところで、女の子が男の子うんぬんなんて話は、実際のところどうでもいい。

ゲームの中のバレンタイン

最近は、オンラインゲームの中でも、必ず、バレンタインなんかやっていて、
PCゲームからタブレットゲームまで、ほぼすべてのゲームでバレンタイン一色で、
キャラがのろけたりするので、まあ、それは可愛いからいいんだが、
常時、10個以上のゲームをやっている俺は、なんかもう胸焼け状態だったりする。

 

結局のところバレンタインがないとどうなのか

 たぶん発狂する。(・∀・)
現実の女には興味が無いが、ゲームやアニメでバレンタインがなくなったら、
キャラクターすらも俺に甘い声を囁いてくれないのか。と思って絶望する。

例えば、今回は、ラブライブ!サンシャインのバレンタイン企画みたいな、
声だけでもここまで癒やされるのだから、やっぱバレンタインはあって良かったみたいなことである。
ブヒブヒ(*´∀`*)

 

 

 

 

君のこころは輝いてるかい?(Blu-ray Disc付)

君のこころは輝いてるかい?(Blu-ray Disc付)