読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンGO飽きた。日本しね。

アプリ


ポケモンGOは、正直、飽きました。
というか、むかついてやる気が失せました。
今もやっている人は、正直、よくやってられるよなーと思います。


私も、最初は、面白いかなーと思って、やっていましたが、
結局、クソゲーだなと思うようになりました。


私が、ポケモンGOをやりはじめた経緯は、まあ、流行っていて話題にもなってるし、みんなやってるからですが、
なにより、「ポケビジョン」というポケモンがいる場所が分かるサイトがあったからです。


他にもポケモンがいる場所が分かるというツールサイトはありましたが、全部使えなくなっています。

それらのツールは、ポケモンGO規約違反だからです。
日々のアップデートにより、それらのツールは使えなくなり、ツールを作っている人も諦めたようです。


それと同時に、私はポケモンGOをやることをやめました。



ポケモンGOがやりたくなくなる問題点】

結局、歩かないといけない


引きこもりゲーマーにとっては、ポケモンGOは非常に辛いゲームです。
外に行かないといけない。
そして、歩かないといけない。

『家の外で、健康的に探索を楽しみ、人と人が交流を深められるようなゲーム体験を届ける』
というのがNiantic社のポケモンGO開発目標らしいですが、
ユーザーとしては、「そんなの知った事か」です。

そもそも、アウトドア派で、常に外に出ている人にとっては、
ポケモンGOは、都合の良いゲームでしょう。

しかし、インドア派で、家に篭ってやるようなコンシュマーゲーム機で遊ぶような人にとっては、
ポケモンGOは、辛いゲームになります。
だから、ポケモンGOはやらない。
最初はちょっと齧るくらいにやったけど、外にわざわざ出るのがめんどくさいからやめた。
ということになります。
私もそうです。


つまり、そこで、矛盾が生じるわけです。


開発者側からすれば、引きこもっている人にこそ外に出て健康的にポケモンGOをやってもらいたい。
やれば面白くなって、楽しくなって、外に出るようになるから。
みたいな思惑が合ったと思います。

たぶん、ポケモンGOのおかげで、外に出るようになった!という人もいるでしょう。
ただ、そんなのはごく一部、全体の1割いるかどうか。

引きこもりユーザー側からすれば、

・外なんか出たくない。
・歩きたくないんだけど、なんで無理やり歩かされるわけ?
・もっと楽に、動かないでポケモンを集めたい。
・レアポケモンなんか出ないじゃん。
・ポッポとコラッタドードーしか出ないよ。
ピカチュウゼニガメヒトカゲも出ねーじゃん。

「もうやめた。このクソゲー
「もうやめた。このムリゲー」

となるわけです。



で、結局、ポケモンGOを続ける層というのは、
『普段から、外に出ても苦にならず、歩くのも問題ないアウトドア派の人間』のみということになっていくわけです。

つまり、結果的に、
「アウトドア派向け」のゲームということに落ち着くのではないかと思います。


Ingressの時も結局そうでした。



たまごを孵すのに歩かないといけない。乗り物は使えない

ポケモンGOには、『ポケモンの卵を孵す』というシステムがあります。

これが非常にめんどくさい。

2kmたまご、5kmたまご、10kmたまごというのがありますが、
たまごを孵すのに、それだけ歩かないといけない。


一見、知らない人からすると、
「そんなの電車とか車とかに乗ってれば一瞬じゃん」と思うかもしれない。

しかし、ポケモンGOには、速度制限が付いていて、あまり早いスピードのものは、計測されない。
という、ムカつくプログラムが組まれている。

それゆえに、電車、バス、車、飛行機などの乗り物に乗ってもまったく計測されないのだ。


つまり、結局、歩かないといけない。

自転車でもいけるが、歩くスピード以上はだせない。
のんびりゆっくり走るしかない。


つまり、時間がかかるということだ。

ポケモンGOは、究極の時間泥棒ゲームと言える。



ポケモンがいるとは限らない

外で歩いていたって、常にポケモンがいるわけではない。

ポケモンがいる場所まで行かないといけない。


ポケモンGOには、一応、「おこう」というポケモンが寄ってくるアイテムがあるが、
おこうでも、毎秒毎秒群がるくらいに集まってくるわけではない。
5分に1匹とか10分に1匹とかそんなもん。

他のコンシューマ機のRPGでは、フィールドを歩いていてモンスターに遭遇するのなんか秒単位なのに、ポケモンGOは、それですらない。

つまりどんだけ時間を無駄にさせれば気が済むんだ。というゲームなのだ。

ポケモンGOを起動しているだけで、限りある人生の時間を通常のゲーム機のゲームより奪われるという事態に陥るのである。



スマホタブレットの寿命が縮む

最大の問題は、ポケモンGOをプレイする機械。
スマホタブレットの寿命が縮むということだ。しかも急速に。

まず、電池の寿命が縮む。
ポケモンGOは常にアプリを起動しておかないといけない。
いつポケモンが飛び出してくるか分からないからだ。
また、歩いた距離の計測もするためにはアプリの常時起動が必要だ。

つまり、バッテリーがそれだけでなくなる。
ゆえに、モバイルバッテリーが必要となるが、そもそも、スマホタブレットを急速電池消費して、充電してを繰り返していると、
それだけで、本体のバッテリーの劣化が激しくなる。

バッテリー交換で修理に出す時期も早くなるということだ。

iphoneipadのバッテリー交換は、8000円かかる。
それが高くないという人にとっては気にならないかもしれないが、
高いという人にとっては結構な痛手であろう。


また、ポケモンGOのように常時起動型のアプリで起動していないといけないとなると、
スマホタブレットの本体が、非常に加熱する。
つまり熱くなるのだ。

通常、スマホを使っている分には、待機モードで常時起動しているわけではないので、熱くはならないが、ポケモンGOではそうはいかない。
しかも、数秒に1回、常にGPSにアクセスするという荒業もやっている。


この熱による内部部品の劣化も考慮しないといけない
つまり、バッテリーだけでなく、本体の部品への負荷も考えると、本体の寿命も減っているということなのだ。


それゆえに、ポケモンGOをやるために専用のスマホタブレットを買う人が増えているという。

専用のものを買わない。お金がなくて買えない人は、いつ自分のメインのスマホタブレットが壊れるか戦々恐々としてやらなくてはいけないということである。

 

Apple docomo iPhone6 A1586 (MG492J/A) 16GB ゴールド

Apple docomo iPhone6 A1586 (MG492J/A) 16GB ゴールド

 

 

Apple Pencil MK0C2J/A

Apple Pencil MK0C2J/A

 

 




ポケモンが逃げやすくなったというバグ?

ポケモンモンスターボールで捕まえますが、
うまくいかないと、ポケモンに逃げられるということもあります。

この“逃げられる”というのが頻繁に起きるようになりました。

運営はバグと言っていて、改善予定だそうです。

しかし、いまだに改善されてません。

つまり、このバグが発生している間は、ポケモンGOをやるだけ時間の無駄になります。
まさに時間泥棒のゲームと言えるでしょう。


私も、せっかく現れた、ピカチュウゼニガメ、ゼニールなどレアポケモンに逃げられています。

その時は、「ふざけんな!」と絶叫しました。

こんなバグを発生させているのだから、やめたくもなるというものです。


ただ、内心では、
「本当にバグなのか?」
「アイテムを買わせようとさせるために、わざとじゃないのか?」
とか疑っていますけどね。


ポケモンGOは自分のレベルが20になってからが本番

ポケモンGOモンスターボールには3種類あります。


最初は、普通の「モンスターボール
自分のレベルが12になると「スーパーボール」
レベルが20になると「ハイパーボール」

というふうに変わります。


ポケモンのCPが高ければ高いほど、ハイパーボールなどが必要となってくるので、
早急にレベル20以上にすることが求められます。


レベル20からが、本番と言えるでしょう。


ただし、あまりポケモンが出現しない地域に住んでいる人なんかはレベル20にするのは相当に大変なので、
それまでに、嫌になって飽きてやめてしまうということになるかと思います。


私も、いまだに、この記事を書いている現在レベル20にはなっていません。

しかも都内に比較的近いとこに住んでいて、ポケモンも結構さくさく出てくるのにね。

それほど、引きこもりゲーマーにとっては、ポケモンGOは辛いゲームなのです。


まとめ

ポケモンGOがやりたくなくなる一番大きな問題は、私的には、

・常時起動型で本体の寿命が早くなる。
ポケモンを探しに行ってもエンカウントするまでに時間がかかりすぎる。
ポケビジョンなどの居場所が分かるサイトが規約違反で使えなくなった。
・とにかく通常のコンシュマーゲームより時間泥棒すぎる。


ということです。


ぶっちゃけ、ポケモンGO以外にも、やりたいゲーム、やらないといけないゲーム、やるべきゲームというのは腐るほどあります。
こんな時間泥棒すぎるクソゲーに時間をかけている場合ではないのです。


アニメも見なくちゃだし、ラノベも読まなくちゃだし、コンシュマーゲームもやらなくちゃいけない。
そんな忙しい世の中に生きていて、こんな時間泥棒で本体の寿命を早くする、くるくるぱーなゲームに付き合っている暇はありません。


ポケモンGOで初回200億円の売上があがったらしいですが、そんなことはどーでもいいです。
経済効果とか、そんなの自分の人生に直接的な関係はないので。


なので、アプリを削除するのが一番の賢明でしょう。



ポケモンGOよりも、FateGOやってたほうがまだマシ。と思います。