【スキーバス転落事故】『格安バス』を使うのは自殺に行くようなもの。すべては自己責任か。



今回のバス事故に限らず、
平成24年には、悲惨な関越道高速バスという真ん中から真っ二つだった事故があった。

当然、その時もキーワードにあがったのは、『格安』という二文字だ。


4年も経てば、忘れてしまうのか、
それとも高校3年生が、大学3年生になる歲月は経つので、
世代と共に、そういう情報を拾えない若者が、
「格安ならいいじゃん」と安易に手を出してしまうのか、
それとも、大学の生協なんかにあるような旅のパンフレットから探して「格安」だからと手をださせる環境を作っている大学側が悪い

のか、
この手の事故は、防ぎようがないのだろうか。


親がしっかりしていて、相談できて、賢い人ならば、
絶対に「格安バス」なんか乗らせないと思うのだが、どうだろうか。



「格安」というのは、安全も格安である。


バスだけによらず、飛行機もそう。

飛行機だと、なんとなく想像できるのだが、これがバスだと甘くみてしまうひとが多い。

まともな日本人なら、飛行機は、ANA一択だろうし、
もしくはジェットスターという手もあるが、
それでもANAよりジェットスターのほうがヤバイと感じるのは当然だろう。
まだLCCの中ではジェットスターはマシだと言えるかもしれないが、


ましてや、チャイナ航空やガルーダ・インドネシア航空なんかは、
まず安全を重視する賢い人間は使わないだろう。



それと一緒で、バスも「格安」はまともな人は使わない。
直感で、やばい!と感じ取れなければ、死に一直線だ。


私も、24年の関越道高速バス真っ二つ事故のショックから夜行バスを使う時は、
絶対に格安バスは使わないように心がけている。




情報弱者が格安バスを使うのか?


今の世の中、バス会社なんか腐るほどある。

その中で、なぜ、わざわざそのバス会社を使うのか。


申し込む前に、真剣に考えなくてはならない。


今回の軽井沢スキーバス事故は、犠牲者は14人でそのほとんどがFacebooktwitterなどのソーシャルメディアをやっていたという
まあ、そこらへんのジジババよりITリテラシーが高い人間だった。

生存者については、語られていないから分からないが、
それでも、それなりだったのではないだろうか。と推測する。


そんなITリテラシーがそこそこ高い人が、
ちょっと調べれば、格安バスがやばい!と分かるのに、
わざわざそれを選んだかということ。


ようは、調べなかったんでしょ。
大学とかお店にあるチラシを見て申し込んだんでしょ。
ということになる。


結局は、そう考えると、すべては自己責任なのである。

酷い言い方のようだが、
被害者は、死ぬべくして死んだ。とも言える。





格安バスでは、絶対に安全は買えない。捨てる必要がある。


私も夜行バスなどを頻繁に利用していた時期があったが、
その中でも、3500円くらいの格安バスを利用したことがあった。


恐怖しかなかった経験がある。


いやに左右に揺れていたので、窓を覗いたら案の定、バスの蛇行運転が酷かった。
やばかったので、事故一歩手前で運転席に駆けて行くと運転手が半分寝ながら運転していた。


事故にはならなかったので、ニュースには一切ならなかったし、
私も、その時は未熟だったので、後でバス会社に連絡することもなく、
運転手と一緒に終点まで行ったこともある。

他の乗客は、寝ていたので気付かなかったが、
一歩間違えれば大事故で翌日の新聞の一面を飾っていただろう。


そのバスの問題点をあげれば、

・途中で交代要員がいなかった。
・最初から最後まで一人の運転手が運転
・決まった路線を走っていない。
・運転手が高齢すぎる。
・運転手の健康状態が悪い。

大抵、これで、100%事故が起きる。



今回の事故を見てみると、大体そんなもんじゃないだろうか。
交代要員はいたみたいだが、役に立ってないし。




バスで旅行する場合は、ブランドがあるバス会社を選んだほうがいい


単純に夜行バスとか高速バスを利用するのであれば、
JRバスなど、大手旅客会社が運営しているきちんとしたバス会社を選んだほうがいい。

ブランド力があり大手であればあるほど、資金力があるので、
きちんとした運行をする。
たとえ、3000円くらいの格安でもだ。
他の事業で回収してるからね。


今回の事故のイーエスピーなんかは、
「なんだよイーエスピーって、聞いたこともない会社だ」と思うような、
わけわからん会社を選び、なおかつ格安だとこういう目に遭う。
資金力もなければ、運行状況もどうなってるかまったく予想できないからね。



まして、ツアーを組んでるバス会社であればあるほど、
旅館も含まれての価格になるので、それで安いというのは、
どこか無理していて、運転手の交代要員がいなかったり、運転手が高齢だったりと、
絶対に、穴がある。
そんなことないでしょ。と思うのは勝手だが、それは甘いと言わざるを得まい。


そもそも、スキーツアーなんていうものは、
この寒い時期の道路状況など、安全性を考慮すれば、
バスじゃなくて新幹線のツアーで行けというレベルなので、
わざわざバスを選んだのは、それを選んだ被害者本人の自己責任とも言える。


彼らは自殺をしにいったに等しい。




世の中にはいろんなサービスがあるが…


バスに限らず、
世の中には、「格安」といういろんなサービスがあるが、
その中から、選ぶのは自分である。

今回のイーエスピーバスのように、
劣悪なサービスもあれば、ちょっとお金を出せば安全も買える有料なサービスもある。

安全を考慮したTPOを弁えれば、
スキーツアーなんか新幹線で行く一択しかないと思うんだが。
修学旅行じゃあるまいし。


すべては自己責任である。


亡くなった被害者は、バス会社を責め立てるのは分かるが、
そういうバス会社を選んだのは、犠牲者になった本人なので、どっちもどっちかと思う。


格安でも、そのサービスを危険だと思って使う人がまったくいなければ、
ツアー自体が中止になって、運転手も亡くなることはなかっただろうし、
誰も死ななくすんだのだから。

劣悪なサービスにお金を出した人が悪い。


ソシャゲに課金しまくって、そのソシャゲが終わって途方にくれる。
みたいな感覚と同じようなものだ。
(ちがうかw)


まあ、そうすれば良かった論は意味のないことだが、
でも、バス事故の前例があるのだから、まさに、
「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」通り、経験に学んだ場合、死んでしまえばもう遅い。




どこのバス会社を選べば良いのか


バス旅行は、JRバスを使うことをオススメします。

JRと聞くだけで、資金力もあるし、途中の基地局もあるので必ずそこで法定の距離を走ったら交代します。
人員の数も他のバス会社に比べればきちんといます。


私が高速バスや夜行バスを使っていて、一番安心して乗れるのは、JRバスですね。


JRバスなら3000円くらいの格安バスでも安心して乗れます。
まあ、あんまり安いのには、JRバスといえどもあえて乗らないけど。